2階建て

マンション管理や家賃収入、敷金の保管、入居者の募集、審査といった業務を代行してくれる不動産会社があります。
こうしたサービスをする不動産会社に依頼をすれば、大家としての業務を軽減する事ができ、尚且つマンションを良好な状態に管理させる事が出来ます。
分譲マンション管理から賃貸不動産管理まで、幅広い分野のサポートをしてくれます。
主な代行業務は「現地調査」、「設備、仕様の提案」、「広告の制作、図面の作成」、「契約書の作成、締結」、「入居案内の作成、入居者指導」、「更新手続き」等です。
これらの他にも、リフォームの手配や入居者、近隣からのクレーム処理まで行ってくれます。

併用

家賃収入や敷金の保管といったマンション管理をサポートしてくれる不動産会社は、世の中に沢山存在します。
管理業務を代行してくれるだけでもマンションのオーナーにとっては嬉しいサービスですが、不動産会社の中にはこうした管理業務だけではなく、建物の維持管理も行ってくれる所があります。
建物維持の管理を依頼すれば、マンションの共用部分の清掃はもちろん、全体のメンテナンスまでサポートしてくれます。
ただ清掃をするだけではなく、修繕箇所の協議や費用負担交渉までサポートしてくれるので、通常よりも安いコストでマンション全体を維持させる事が出来ます。

メリット

土地を利用せずに空き地のままにしておくと土地に対する税金の優遇を何一つ受けることができません。
また、相続する場合でも相続税の優遇が無いため相続時の時価で相続税が決まってしまいます。
しかしながら工夫次第で税金の優遇措置を受けることができます。
具体的にどのようにするのかというと、マンションやアパートを建て、賃貸経営をするのが土地の有効利用にもつながり、税金対策にもなります。
建物を建てることによって、更地にしておくより相続税の評価額が概ね2割引きとなります。
また、建物の相続税評価は現金よりも低いため、現金でなく不動産にすることによって相続税の対策になります。
このように自分の資産を子供に残したい場合に一番ネックになる相続税を上手に減らすことができるのが第一のメリットです。
また、マンション管理人になれば現在している仕事の他に副業として家賃収入を得ることもできます。
また、病気やケガで仕事ができなかったり、老後退職しても収入を得られるというのは大きなメリットです。

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031